西馬込あくつ耳鼻咽喉科|アレルギー科

お問い合わせ|西馬込あくつ耳鼻咽喉科

ブログ

大田区西馬込駅前にある西馬込あくつ耳鼻咽喉科です。西馬込・南馬込・池上・仲池上・中央・久が原・山王など近隣のお住いの患者様に地域貢献ができる様、日常のことなどを発信しています。

休診日の過ごした方

2018/7/23
IMG_0863
大田区にある西馬込あくつ耳鼻咽喉科です。

当院では木曜日が休診日となっています。

木曜日は、セミナーへ行ったり、他のクリニックに見学に行ったり、前の病院へ行ったりとしています。

先日は、小児喘息・アレルギーセミナーへ参加してきました。

小児喘息のガイドライン、鶏卵アレルギー、咳嗽と喀痰の診療ガイドラインについてを学んできました。

ほとんど小児科の先生しかおらず、耳鼻咽喉科医はわずかでしたが、とても有意義な時間でした。

少しでも大田区の地域に還元をできたらと思っています。

西馬込あくつ耳鼻咽喉科は、西馬込駅からすぐです。スーパー文化堂のそば!!
馬込駅からも電車で1分。改札から1分で着きます。
西馬込メディカルビレッジが目印です。

来院するお子様のために・・・

2018/7/23
IMG_0898
大田区にある西馬込あくつ耳鼻咽喉科です。

耳鼻咽喉科はどうしても子供たちの苦手な処置が多く、子供達が嫌がってしまいます。

そのため、うちのスタッフがお手製のバイキンマンを作ってくれました。
IMG_0883
なんとドキンちゃんもいます。

とても上手 ( ・`ω´・ノノ゛☆パチパチパチ
IMG_0885
そして、アンパンマンも、もちろん活躍中(*´∀`p〃qパチパチパチ

ぜひ、お子様と一緒に探して見てください。
category:

今日は、土用の丑の日です。

2018/7/20
IMG_0897
大田区にある西馬込あくつ耳鼻咽喉科です。

今日は、土用の丑の日です。文化堂 西馬込店様でも沢山の うなぎ∈(゜◎゜)∋ が売られていました。

うなぎ∈(゜◎゜)∋ を食べていて一番の心配はやっぱり小骨ですよね。

私自身、うなぎを食べるときは細心の注意を払っています。

耳鼻科医が刺さって同僚にとってもらうのは、結構恥ずかしいです。

病院時代は、耳鼻科の夜間救急をしていたこともあり、沢山の異物を取ってきましたが、やはり、魚骨による異物が一番多かったです。土用の丑の日は、普段の2~3倍の異物の患者様がいらっしゃいます。

小骨が刺さるところは、大体決まっており、子供は扁桃腺が大きいため、扁桃腺に刺さっていることが多く、比較的簡単にとることができます。(子供が協力してくれればですが)口を開けてくれないと厳しいですが・・・

大人は口から見えないところに刺さっていることがよくあり、鼻からカメラ(ファイバー)を入れて取ります。

当院では異物を取る専用の鉗子付きファイバーを常備しており、鼻から取ることができます。


IMG_0891
意外と大きな病院にしか置いていない機器ですが、魚骨くらいで大きな病院を受診するのは気が引けますよね。

魚の骨が刺さって気になる、のどに異物感がある、引っ掛かっている感じがある

というときは、この機器がある耳鼻咽喉科へ行くことをお勧めします。

この機器がある耳鼻咽喉科は、ホームページに記載をしていると思います。

当院も長らく宣伝していませんでしたが・・・
IMG_0893
ファイバーの先端には鉗子が入る隙間があり、この鉗子で魚骨をつまんでとります。

普通のファイバーよりも直径が太い為、鼻に十分な麻酔をしてから取りますので、痛みも最小限に行うことが可能です。

以上、土用の丑の日あるあるでした∈(゜◎゜)∋
category:

小さい院長を探せ

2018/7/20
西馬込あくつ耳鼻咽喉科です。

知り合いの方にフィギュアを頂きました。

診察室の中にいたり・・・
IMG-0766
木の中にかくれていたりと・・・
IMG-0767
と、色々と脱走をしているので、

早めに発見してください。
category:

大田区の喉頭がん健診が始まりました。

2018/7/14
2018年7月1日より、大田区の喉頭がん検診がいよいよスタートしています。

最近では有名人が喉頭がんになっており、知名度が少し高くなっているようです。

検診希望の患者様もかなり来られておりますが、クリニックでの患者数に限りがありますので(定数が決まっております)、受診を希望される方はお早めにご来院ください。

西馬込・馬込の周辺では、耳鼻咽喉科がなかったため、久しぶりに受けられるという方も多い印象です。

当院ではオリンパス製の最小径の内視鏡を用いて行っており、より高精細で刺激が少ない工夫をしており、患者様へのご負担を最小限にしています。

また、1日20件以上はこの検査をしており、診療技術にも自信があります。

何といっても、院長は自分の鼻に内視鏡を入れて、のどの観察をしているぐらいです。

昔から、自分ののどを見ていると、看護師さんに

「阿久津先生は何をしているんですが?」

と言われ、

「患者様の気持ちになっているんだよ。どこが痛いのかわかるでしょ」

と答えていましたが、看護師さんに

「それは分かるけど、そんなことしてる先生見たことないよ」

と言われ、妙に納得していました。

‛自分にできないことを他人にはできない‘  という少し変わった信念みたいなものがあります。

当院では、喉頭がん検診は、予約制ではなく、通常の診療時間内に行っております。

診療時間中はいつでも直接ご来院ください。

平日午前11時~12時30分、午後14時30分~16時30分は比較的空いておりますので、待ち時間が少なく受診できるかと思います。

また、順番待ちシステムを使うとさらに待ち時間を減らして対応できます。
(初めての患者様でも順番待ちシステムを使うことができます。)

https://ssl.fdoc.jp/reserve/subjectlist/index/cid/m7535609?SITE_CODE=hp

すこしでも喉頭がんの早期発見を目指しております。

また、当院では、検査の一連として、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に伴う鼻茸(はなたけ)と上咽頭癌・中咽頭癌・下咽頭癌も確認しております。

また、検査中には、リアルタイムで自分ののどを見ることもできます。かなり反響を頂いています。

ご来院お待ちしております。
お問合せはTEL: 03-6417-1855
西馬込あくつ耳鼻咽喉科