新型コロナウイルスの当院の対応

新型コロナウイルスについての当院の対応と設備についてです。

新型コロナウイルスは、現在のところ、クリニックですぐに診断がでるような
キットの発売もないため、当院では対応ができておりません。

また、胸部X線などの医療機器がないため、肺炎を疑う患者様は近隣へご紹介する形になります。

厚生労働省より、症状があるときは、複数の医療機関を受診することは控えるように指導もありますので、
できるだけ1つで済む医療機関をおすすめします。

現在のところ、保健所、帰国者・接触者相談センターはかなり大変な状況となっています。

そのため、当院では、オンライン診療を用いることで、新型コロナウイルスが心配な方、
風邪症状がある方などをビデオ通話での相談窓口として機能させたいと考えております。

・新型コロナウイルスが心配だけど、受診を控えている方

・近くの耳鼻科や内科に電話したが、自宅療養を指示され、今後どうしたらいいか心配な方

・嗅覚障害(匂いが分からない)、味覚障害(味が分からない)があり、不安な方
・風邪症状があるので、受診しにくい方
・いつもの薬がなくなってしまう方

など、様々な分野で対応が可能となっています。

現在、オンライン診療利用者は、当院のある東京都大田区に限らず、

東京都23区全域(大田区、世田谷区、品川区、港区、千代田区、中央区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、目黒区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、根練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)23区外(八王子市、西東京市、調布市、町田市、府中市など)、神奈川県(川崎市、横浜市など)、千葉県、埼玉県からも多数のお問い合わせいただいています。

当院のオンライン診療についてはこちらをご覧ください。

また、当院では、新型コロナウイルスに限らず、常に医療機器の滅菌、環境整備、除菌対策に力を入れておりますので。
ご安心ください。詳細はこちらになります。

合わせて下記もご覧ください。

新型コロナウィルス感染症流行中の処方について
新型コロナウイルスを家に持ち帰らないためにできる11個のこと

PAGE TOP