馬込駅前に小児科・耳鼻咽喉科が新規開院

西馬込あくつ耳鼻咽喉科院長の阿久津です。

今回は、馬込駅方面に住まわれている方に朗報です。聞いた情報ですが、第一国道と環状7号線の交差点にあったタクシー会社さんの跡地には、2階に医療モールができるとのことです。私もこの前近くを通りましたが、今は更地になっていました。なんと馬込駅「A1」出口の真横。「A1」出口は、高架下にありますので、雨が降っても濡れないのではないかという近さですね。

医療モールには、内科・眼科・小児科・耳鼻咽喉科が決定したとのこと。当院にも中馬込・北馬込・東馬込・品川区の二葉からも患者様が多く来院されますが、距離も遠く大変申し訳ない気持ちでした。子供が自転車に乗って冬なのに汗だくになって受診するということもしばしば。。。馬込駅には、クリニックが少なく、小児科専門医・耳鼻咽喉科専門医もいないため、子育てしているお母さんはいつも遠くまで自転車を飛ばして大変ですとお話されていました。馬込駅の不動産屋さんと以前話した時には、馬込駅は小児科がなく、ファミリーには勧めづらいので、小児科ができてほしいと話されていました。また馬込駅は、大森駅までバスで行きやすいこともあり、西馬込とは違った人気があるそうです。最近は、馬込駅周辺に新しい保育園がどんどんできており、子供たちはどんどん増えているエリアです。

また1階にはスーパーも併設されるとのこと。当院のスタッフの中にも馬込周辺に詳しい方がおり、馬込駅はライフができるまで、スーパーがなくて困っていた。ライフはできたけど、ライフは遠いから大変!!と話していました。確かにスーパーは生活に欠かせない場所。できるだけ近くにあると嬉しいですよね。

3階にはシェアオフィスができるか、もしくは保育園ができる可能性もあるようです。保育園の下に小児科・耳鼻咽喉科があると親御さんはとてもラクですよね。私も自分の子供が熱を出した際は、私は診察はできますが薬を出すことができないため、妻に近くの小児科に行ってもらっています。ただ少し距離があり、連れていくのに苦労したことが何回もあります。子供も体調が悪いといつもぐずらない子でも、ぐずってみたり、歩かなくなったり、言うことを聞かなかったりが出てきます。保育園と同じビルに小児科・耳鼻科があることはそれだけで安心材料になると思います。また、隣には「大田こまどり幼稚園」もありますので、幼稚園の帰りに通うこともできるのではないでしょうか?

まだ、どのような先生が来られるのかは分かりませんが、当院では馬込地区がより子育てしやすく、住みやすい環境になることを願っております。馬込に住まわれている方の健康の質がさらに上がるのではと期待しております。

関連記事

  1. 福利厚生の追加

  2. オンライン診療のメリット・デメリットは?東京都大田区の開業医…

  3. オンライン診療(遠隔診療)でおすすめのクリニックを選ぶ6つの…

  4. 新型コロナウイルスの抗体検査がシミックHDから導入開始。医療…

  5. ライフコミュニティ西馬込に本日スタッフ採用面接を行いました。…

  6. 西馬込駅から目の前ですが、当院耳鼻科はまだまだ認知されていま…

PAGE TOP