舌下免疫療法💊花粉症編シダキュア②

こんにちは、西馬込あくつ耳鼻咽喉科の池田です😄

今回は舌下免疫療法、シダキュア(スギ花粉)の第二弾ということで、

前回私(池田)が感想を書きましたが、今回は現在服用中の当院スタッフから感想を聞いてみたので、そちらを載せようと思います!!

では、前回セミナーブログ②で登場した医療コーディネーター(医療事務)のシバちゃんからの感想です!

👇

感想

私は去年の11/15から始めました!

毎朝シダキュアの薬を服用してます。

舌の下に置いて1分+5分=6分間のケータイのタイマーをかけて前の日の食器を戸棚に戻す作業にかかり、間違って口に何も入れる事なくあっという間に時間は経ちます!

全く服用しなきゃというストレスなく毎日続けています。

今週から娘のホコリ(ダニ)の舌下を始める予定なので、娘は夜服用するタイミングを決めて私が管理しようと思ってます。

息子は今年6月から娘と一緒にシダキュアも始める予定です。

因みに、再度舌下免疫療法の説明をさせて頂くと、

スギ花粉のお薬がシダキュア(錠剤)
ダニアレルギーのお薬がミティキュア(錠剤)

☝️ちょっと日付が書かれていますが(笑)、それは私が飲み忘れがないようにともし忘れても何日に飲み忘れたが把握できるようにしております!

それぞれ、舌下というだけあって、舌の下にお薬を一定時間おいて飲み込むという動作を毎日1日1回していく治療です。

それを3〜5年間続けることで、アレルギー症状が軽減され、完治する可能性があります。

シバちゃんのお子さんも舌下免疫療法を始めるということで、この前血液検査をしました。今後のお子さんの使用感の感想にも注目ですね!!

特にお子さんがアレルギーで苦しんでいる方は、親としてはなんとかしてあげたいと考えていると思います。

なので、そういった方々の参考になればいいなと思います☺️

詳しくは👇をご覧ください!
スギ花粉の舌下免疫療法

😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄😄

今まで、スギ・ヒノキ花粉の時期(毎年2〜4月)になれば耳鼻科を受診し、アレルギー症状を抑えるためにお薬をもらうというのを、みなさん繰りかえしていたかと思います。

そして、この花粉症の季節は本当に耳鼻科は混雑しており、受診するのに待ち時間があり、花粉症で辛いのとでかなりのストレスですよね😣

当院も出来るだけ患者さんの待ち時間を減らそうと色々なことに努力はしているものの、限界もあります💦

そこで、西馬込あくつ耳鼻咽喉科では、毎年の花粉症の辛さを軽減する為とこの混雑時期に毎年通院しなくてもよくなるように、舌下免疫療法を提案させて頂いております!

私自身もう25年程、このスギ花粉のアレルギー症状に苦しめられておりますが、もっと早くアレルゲン免疫療法を知っていれば、25年間苦しめられていた花粉症が、たった5年間のお薬の服用でこんなにも長く辛い思いをしなくて済んだかもしれません😅

私の田舎ではアレルゲン免疫療法を勧めてくれる先生がいなかったのですが、院長が言うには20年以上前からこの治療方法はあり、昔は注射の治療があったようです😱

そう考えると25年のうちの5年、5分の1ですね。。。なんだか無駄に辛い思いをした気がします(笑)

思えば、毎年3月は本当に地獄のような日々でした。。。

一日中鼻が詰まり、鼻水を出したくても詰まって出てこない。。。でも、何故か鼻水は垂れ流し状態で。。。

マスクの中は両鼻にティッシュを常に詰めて鼻水が垂れてこないようにし、それでも鼻水は出続けるので、1日に何度も鼻に詰めるティッシュの交換(笑)

目は痒く、常に涙が出てくるので、感動ものの映画など見た日には、大号泣のような感じで(笑)

感動ものでなくても、何故泣いてるの❓なんて言われたり。

いやいや、花粉症なのですといっても、まさかそんなに出ないでしょう😄なんて言われたり💦

通院して、薬をもらって飲んでいてもあまり緩和しない私の重症花粉症。

ひどい時には、頭痛と熱、鼻水も青っ洟が出たり、鼻❓喉❓の奥が痛くなったり😷

もはや、風邪なのか花粉症なのかわからない状態でしたね(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回のブログ「舌下免疫療法💊花粉症編①」でも書きました通り、私もシダキュアを服用しておりますが、

実は私は好酸球性副鼻腔炎というものを患っており、数年前に手術をして、それから花粉症の症状が軽減され、

本当に重症の時に比べて軽い状態から舌下免疫療法を始めたので、私と同じような病気をお持ちの方の参考にもなればと思い、

今まで他の病気がない花粉症の方との感想と2種類の使用感を書いていこうかと思います!!

私は好酸球性副鼻腔炎とともに喘息もありますので、喘息の方にも参考になるのではないかと思います😄

そしてそして、私には現在3歳と1歳の娘がいますので、今のところアレルギーはないのですが、私も夫も結構なアレルギー体質なので、100%アレルギーになると確信しています(笑)

なので、5歳になったら始めようかと考えています!(西馬込あくつ耳鼻咽喉科では6歳から処方しています)

今回感想を聞かせてくれたスタッフのシバちゃんもですが、お子さんがアレルギーで辛い思いをしているとのこと。

親としてはなんとかしてあげたいけど、毎年耳鼻科に通院して、症状を和らげる薬をその都度処方してもらうしか方法がありませんでしたよね💦

そんな親御さんの為にも、勿論大人の方で花粉症で苦しんでいる方々の為にも是非今後のご自身の花粉症症状軽減の一つの方法として考えて頂きたいなと思っています!

西馬込あくつ耳鼻咽喉科は、都内でも有数の舌下免疫療法を支援しているクリニックです!

院長が子供の頃にアレルギー性鼻炎で辛い思いをしたようで、見ている患者さん(子供たち)に自分と同じ辛い思いをして欲しくないと言う思いがあるようです。(院長談)

そして、当院長も舌下免疫療法をして、花粉症がラクになったようですよ😀

西馬込あくつ耳鼻咽喉科では、舌下免疫療法中の患者さんは、時間予約をとることができ、毎月の受診をスムーズにする取り組みをしております😌
初めて舌下免疫療法を受診する場合は、内服後、院内にて30分待機していただきますので、予約に限らず1時間程時間がかかることをご了承下さい。
また下記の時間内に受付をおすませ下さい。
●平日 午前 9:00~11:30    午後 14:30〜17:30
●土曜 午前 9:00~12:00
舌下免疫(2回目以降)の時間予約をはじめました

そしてそして、話は変わりますが、
私たちと一緒に働いてみたいという方、是非当院の採用ページもご覧くださいね☺️
当院は、私たちと同じ気持ちで仕事をしたい方をいつでも募集しています✨
https://www.magojibi.jp/recruit/

PAGE TOP