マグネシウムはサプリ・食事ではなく入浴剤・お風呂からとりましょう

こんにちは🌻西馬込あくつ耳鼻咽喉科 看護師のめぐりんです🌸
梅雨が明けて毎日暑い日が続いていますね☀️
体調管理も大変な季節になりました💦  特に今は健康について考えることが多くなりましたよね…..

元気な体づくりを考える上で大切な栄養。当院の栄養外来でも様々な悩みのある患者さんが来院されています。

食べた栄養素は、
・免疫機能が正常に働いたり
・アレルギー症状を予防したり悪化させなかったり
・ストレスに対応する力になったり

などなど、色々な細胞の働きに関係しています。

栄養素の不足は細胞本来の働きができなくなり、様々な病気を引き起こすきっかけになると言われています。
体も心も元気で過ごせるように栄養を考えること、体調管理には食事が重要です。

暑さで夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。
栄養たっぷり、栄養士の方のレシピをご紹介しています⭐︎

色々なマグネシウム製剤

さて、栄養のお話をする時にビタミン類や他のミネラルに比べて、あまり知られていないマグネシウム。
私もマグネシウムが多く含まれる食べ物は?と聞かれてもピンときませんでした….。
しかしこのマグネシウム、あらゆる補酵素の代謝に必要だったり、エネルギー産生に必須だったり、とても大事ですごいミネラルなのです。

マグネシウムの働きについてはこちら⭐︎

マグネシウムは食品からも取ることができますが、皮膚からも吸収されるという特徴があります。
皮膚からマグネシウムを取る方法は、

1、入浴剤 (エプソムソルト)
2、オイル、ローション、クリームなど
3、マグネシウムスプレー

などがあります。皮膚から吸収させることで、直接マグネシウムが働き、筋肉の緊張を和らげたり、皮膚のかさつきが良くなるなどの効果も期待できます。

エプソムソルト(入浴剤)


全身が温まりポカポカになります。乾燥している皮膚も使い続けるとしっとりしました。
ソルト=塩のイメージですが、塩ではないので浴槽も痛めず安心して使えます。無臭で天然成分のため、赤ちゃんも一緒に入れます。

オイル、ローション、クリーム

1つずつご紹介していきます!
【1】ライフフロー ピュアマグネシウムオイル

オイルですが、ベタつく感じではなく、しっとりします。匂いはありません。
スプレータイプのため広範囲に使いたい時に便利ですが、スプレーした時に周囲に飛びやすいので、タオルなどをひいて使用しています。
ふくらはぎをマッサージすると気持ちがいいです。

【2】ニューサイエンス マグネシウムローション

ローションタイプで伸びが良く、しっとりします。ほのかにアロマの香りがします。アロマの香りを楽しみながら腕に使用しています。

オイルとローションタイプですが、使用する箇所によって、日によって、ピリピリと感じる時がありました。
20分程で気にならなくなりますが、当院のスタッフの中でも感じる人と感じない人がいたので、感じ方に個人差があるかもしれません。

【3】カークマン エプソムソルトクリーム

クリームタイプです。伸びが良く塗りやすいです。匂いはありません。
かさつきが気になる所に塗ったり、肩に塗ったりしています。こちらも肌がしっとりします。子どもに使用する際は、ピリピリ感がないこちらが一番使いやすいです。
いつもの保湿剤と、乾燥が気になる場所にはこちらを使用しています。ベタつきもありません。

一番使いやすいのは?

上記3点の塗るタイプは、いつでも気軽に使えて、スキンケアやマッサージもできる商品ですが、
一番使いやすいのは?と聞かれたら…….エプソムソルト✨だと思います。
皮膚全体からマグネシウムを体内に取り込めますし、疲れも取れますし、リラックスもできる。
何より家族全員で使える点が便利で素晴らしいです✨

夏のお風呂は敬遠しがちですが、室内のエアコンや冷たい食べ物で、体内は冷えていることが多く、入浴は自律神経の働きを整え、夏バテ予防にもなります。エプソムソルト✨おすすめです

体内で重要な役割があるマグネシウム。
特に夏は汗と一緒に排出されやすい時期です。食事から、皮膚から、意識して取ってみてくださいね。

当院でもマグネシウム製剤の取り扱いがあります。ご不明点などございましたらお気軽にお声がけください。

PAGE TOP