鼻の病気

鼻血(鼻出血)

鼻血(鼻出血)

鼻血(鼻出血)は、その名の通り、鼻(鼻腔)の中から出血することです。
子供の頃、突然の鼻血に驚いて、慌てて鼻にティッシュを詰めた、というような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。いきなり鼻血が出ると誰でもびっくりしてしまうものですが、その多くは、鼻をいじってしまうなどの刺激が原因で起こる出血のため、簡単に血が止まるようであれば特に心配することはありません。しかし、出血がいつまでも止まらない場合や、特に理由もないのに鼻血がたびたび出るというような場合、何かの病気に伴って起こる「病気のサイン」である可能性もあるので、しっかりと症状を見極めることが大切です。

鼻血の症状と鼻血が出るしくみ




鼻血は、子供から大人まで誰にでも起こることがありますが、特に幼児期から小学校低学年にかけてのお子さんに多く見られる症状です。

お子さんの鼻血の多くは、鼻粘膜を刺激することで起こる「単純性鼻出血」と言われるもので、鼻の前方にある「キーゼルバッハ部位」というところからの出血です。

キーゼルバッハ部位は、鼻の入り口から約1㎝入ったところで、鼻の穴を左右に分けている「鼻中隔(びちゅうかく)」という壁の粘膜にあります。

この部分の粘膜はとても薄いのが特徴で、網目状に走っている血管の表面が浮き出ているため、ちょっとした刺激などでも傷が付き、出血してしまうことがあります。

出血は、ぽたぽたと少しずつ鼻の穴から垂れてくる場合や、勢いよくたくさん流れてくる場合があり、時には血液が喉に回って、口の中にまで流れ込んでくることもあります。

口に溜まった血液を誤って飲み込んでしまうと、血液が胃に入り、その刺激で吐き気を催すことがあるため、溜まった血液は、飲み込まずに口から吐き出すようにしましょう。

鼻血の原因とは?




鼻血が出るおもな原因は以下のようなものがあります。

・鼻のケガ(転ぶ、物にぶつかるなど)
・鼻内部への刺激(鼻をかむ、鼻をいじるなど)
・冬場の鼻粘膜の乾燥
・鼻の炎症(風邪、アレルギー性鼻炎、乾燥性鼻炎など)
・鼻の腫瘍
・全身性の病気(白血病、血友病、高血圧など)

キーゼルバッハ部位の血管は細くてとてもデリケートなため、鼻のケガなどによる衝撃はもちろん、強く鼻をかむ、指で鼻をほじるなどの刺激や鼻粘膜の乾燥などでも簡単に切れてしまうことがあります。

また、普段から鼻をほじる癖のある人や、アレルギー性鼻炎などの炎症で鼻の中が痒い場合には、鼻内部に傷ができ、かさぶたになった傷が痒くてまたひっかいてしまう、というように出血を繰り返す場合もあります。

その他、ごくまれではありますが、鼻の腫瘍や全身性の病気などに伴って、鼻の奥から出血が起こる場合もあります。

鼻血の検査と診断について



医療機関を受診する目安は?


少しの鼻血で、受診される方は少ないと思いますが、出血量が多い時などは、お医者さんに行くべきか迷うこともあると思います。

通常、鼻血が出た時は、まず椅子などに座り、うつむいた状態で小鼻を強くつまみ、10~15分間程度安静にしていれば止まることが多いです。

この方法で、すぐに出血が止まり、鼻血以外に気になる症状がないようであれば、ひとまず様子を見ても良いですが、以下のような症状がある場合は、大きなケガや病気が関係して出血している可能性があるので、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

・正しく止血をしても出血が止まらない
・顔や頭などの外傷がある
・鼻血を頻繁に繰り返す
・鼻や口からあふれ出るくらい激しい出血がある
・鼻以外からも出血がある(青アザ、血便、血尿、歯茎からの出血など)

鼻血で受診した際に行う検査とは?


一般的に行われる鼻血のための検査というのはありませんが、医師が問診や内視鏡などで鼻の中の状態を確認し、詳しい検査が必要と判断した場合には、必要に応じて以下のような検査を行うことがあります。

・鼻腔内視鏡検査……出血部分の確認や、腫瘍がないか、すぐに止まる出血かどうかの確認をします
・血液検査……出血量が多い時や何度も出血を繰り返すなど、血液の病気などが疑われる場合
・CT検査……腫瘍や副鼻腔炎などの病気が疑われる場合

鼻血の治療法




医療機関では、軽症の場合は、軟膏を出血部分につけることで、止血を行います。また看護師から自宅で出た場合の出血の止め方の指導をします。
鼻血の量が多い・繰り返す場合、鼻血を止めるため、まずは鼻の中の出血した部位を特定し、止血剤を染み込ませたガーゼなどで圧迫する治療を行います。

鼻血を何度も繰り返している方や、激しい出血をしている方の場合には、電気メスを使った治療を行うこともあります。

当院では「バイポーラ」という電気メスを導入しており、キーゼルバッハの出血した部位を焼いてしまうことで、出血を止める治療を行っています。


(参考)鼻血治療のための機器「バイポーラ」



よくあるご質問



1)なぜ子供は鼻血が良く出るのでしょうか?


小さなお子さんは頻繁に鼻血を出すことがあるため、「どこか身体が悪いのでは?」と心配になる親御さんも多いと思いますが、そのほとんどは、指で鼻をほじるなどの「指性鼻出血」と言われるものなので、心配はありません。

ただし、アレルギー性鼻炎や鼻の入り口付近に湿疹や炎症(鼻前庭炎)があるお子さんの場合、鼻の中が痒くなり、いじってしまうことで鼻血が出やすくなっていることもありますので、元となる病気の治療をしっかりと行うことが大切です。

2)鼻血が出たら、首の後ろをたたくと良いと聞きましたが……?


昔から「首の後ろや背中をたたくと良い」などと言われていますが、これは全くの迷信で、医学的な根拠はなく、むしろ安静を保つことが大切です。

同じように「上を向くと良い」というのも迷信で、上を向くと鼻血が口の中に逆流して飲み込んでしまう恐れがあるため、行わないようにしましょう。

3)鼻血が出たら、ティッシュペーパーを詰めても良いですか?


とっさにやってしまいがちですが、鼻にティッシュを詰めると、乾いたティッシュが傷に貼りつき、取り出す時にせっかく固まっていた部分が再度はがれて、さらに出血してしまう場合があります。

出血が止まりにくい時は、柔らかいガーゼや脱脂綿にワセリンなどを塗って詰めると粘膜を傷付けず、スムーズに取り出すことができるのでおすすめです。

4)鼻血が出た後、気を付けることはありますか?


血が止まった後も、しばらくは出血しやすい状態なので、鼻をかむなどの動作は避け、安静を保つようにしましょう。

また、刺激となってしまうことがあるため、5~6時間程度は、運動や辛い食べ物やコーヒーなどは控えましょう。

4)新型コロナウイルスと鼻血は関係性がありますか?


現在の所、新型コロナウイルスと鼻血の関連性は指摘されていません。

まとめ




突然の鼻血は誰でも驚くものですが、慌ててパニックになると血圧が上がって、ますます血が止まりにくくなってしまいます。

特に小さなお子さんは、血を見ると泣いてしまうことが多いので、周りの大人が落ち着いて声をかけるなどして安心させてあげることが大切です。

鼻血の多くは、心配のないものですが、出血の量や頻度が多い、鼻以外にも出血の兆候があるなど、ご自身で「何かおかしいな」と感じることがある場合には、なるべく早く医師に相談することをおすすめします。

記事執筆者

西馬込あくつ耳鼻咽喉科
院長 阿久津 征利

日本耳鼻咽喉科学会 専門医
日本めまい平衡医学会 めまい相談医

詳しい院長紹介はこちら

WEB予約はこちら

鼻の病気

  1. アレルギー性鼻炎

    ホコリや花粉など、特定の物質により、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状が起きる病気が「アレルギー性鼻炎」です。

  2. 花粉症

    花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因となって起こるアレルギー疾患の総称で、花粉が飛散している時期にだけ発症する特徴があります。花粉症はアレルギー体質の人がなりやすく、日本アレルギー学会の調査によると、東京都では約34%がスギ花粉症と報告されており、当院のある大田区でも約24万人、馬込地区では約1.9万人の患者さんがスギ花粉症に悩まれています。

  3. 花粉症・鼻炎に対するレーザー治療

    鼻炎に対する治療には「薬物療法」のほかに、腫れている鼻粘膜を焼いて、アレルギー反応を抑える効果が期待できる「レーザー治療」もあります。

  4. ダニアレルギー(ハウスダスト)の舌下免疫療法

    「通年性アレルギー性鼻炎」の治療として、薬物療法やレーザー治療のほかに、アレルギーに体を慣らすことで完治する可能性のある「舌下(ぜっか)免疫療法」を行っています。

  5. 急性副鼻腔炎

  6. 蓄膿症(慢性副鼻腔炎)

  7. 鼻血(鼻出血)

  8. 嗅覚障害

    嗅覚障害(きゅうかくしょうがい)とは、人間が持つ五感の一つである「におい」を正確に感じることができなくなる状態です。

PAGE TOP