2020年(令和2年)大田区喉頭がん検診のお知らせ

2020年(令和2年)6月26日(金曜日)より大田区の喉頭がん検診がいよいよスタートします🚩
今年も喉頭がん検診を500円で受けることが可能です👌
※対象者は年齢や性別、受診歴等により異なります

昨年は、多くの方よりお電話にてご連絡いただきましたが、
お電話頂いた全員が当院で行うことができない状況でした🙇‍♂️
※大変申し訳ありませんが、当クリニックでの受け入れ患者人数が決まっております

当院では事前予約制とさせていただいておりますので、
受診を希望される方はお早めにお電話または、予約システム(ドクターキューブ)
にてご予約をお願い致します📞

▽詳細は下記よりご確認ください。
======================================
■対象
ご自宅に大田区から「令和2年度がん検診等のご案内」が届いている
40歳以上で次のいずれかに該当する方が受診できます
  (1)喫煙している方又は過去に喫煙していた方 
  (2)身近な方が喫煙しているなど、検診を行う医師が特に必要と認める方
※ご自身が対象となるかが分からない方は、当院へ電話にてご連絡ください。必要かどうかを判断させて頂きます。

■期間
令和2年7月1日〜令和2年10月31日
※対応クリニックにて予約枠に限りがございます
※予定枠に達し次第終了します

■健診内容
問診、間接喉頭鏡検査、ファイバースコープ検査

■自己負担額
(大田区にお住まいの方)
500円

以下の方は自己負担が免除となります。
 (1)75歳以上の方(昭和21年3月31日以前生まれ)の方
   健康保険証等を実施医療機関に提示してください。
 (2)生活保護受給中の方
   「生活保護受給証明書」原本を実施医療機関に提出してください。
 (3)中国残留邦人等支援給付受給中の方
   「本人確認証」を実施医療機関に提示し、写しを提出してください。

(大田区外にお住まいの方)
同様の検診を9000円(税別)で実施しております。

■健診までの流れ
1、ご自宅に大田区から「令和2年度がん検診等のご案内」が届きます
2、当院へお電話または予約システム(ドクターキューブ)にて予約
3、予約当日は、大田区からの案内用紙を持参の上お越しください
 (案内用紙がない場合、500円での受診はできません)
4、当院にて受付・健診・先生からの説明・お支払い

予約の取り方(予約システム:ドクターキューブ)
【当院をはじめて利用される方の場合】
こちらから予約サイト(ドクターキューブ)に飛びます。
②青色の予約をとるボタンを選択します
③(予約をとる)画面になります。
当院で診察したことのある方は(再診)→いいえ
当院で診察したことのない方は(初診)→はい
を選択します。
④(いいえを選択した方の場合)
患者番号(診察券番号)
パスワード(生年月日の月日を4けたで入力 例:2020年4月1日生まれ→0401)を入力
※患者番号が分からない場合※
予約をとる画面のいいえからお進み頂き、初診としてお申込みください。
(はいを選択した方の場合)
御氏名
フリガナ
電話番号
生年月日(西暦で入力してください。 例:2020年4月1日生まれ→20200401)
性別
Emailアドレスを入力します。
⑤(予約の種類を選択)画面になります。
喉頭がん検診を選択します。
お好きな時間を選択できますので、お選びください。
⑥(内容確認)の画面になります。
予約内容が正しければ→はい
予約内容が間違っていたら→いいえ
を選択
⑦予約が確定いたしました。

■所要時間
15分前後

■当院連絡先
予約システムはこちらからお進みください
西馬込あくつ耳鼻咽喉科:03-6417-1855
※お電話の際は「喉頭がん検診希望」の旨お知らせください

■その他
・検診とは別に保険診療を受診されたい方は予約時にお申し付けください
・新規の方も受診可能です
・受診回数は、対象となる各検診について実施期間中に一人1回です
大田区以外の方は自費となってしまいますが、喉頭がん検診を受けることが可能です
 費用は9000円(税別)です
======================================

当院では、すこしでも喉頭がんの早期発見を目指しております💪
検査の一連として、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に伴う鼻茸(はなたけ)と
上咽頭癌・中咽頭癌・下咽頭癌も確認しております👀
より高精細で刺激が少ない工夫をしており、患者様へのご負担を最小限にしています。
検査中には、リアルタイムで自分の喉を見ることができます。

■喉頭がんとは
(1)喫煙(2)男性が、危険因子の主なものです。
以前は、10:1で男性の割合が多かったのですが、最近、女性の喫煙が増えているため、女性の占める割合が上昇しています。
また受動喫煙から喉頭がんのなる方も多く、ご家族や知り合いで喫煙されている方は要注意となります。
年齢は40歳以上で、特に50歳、60歳代に多くみられます。

(※喉頭がん検診で一緒に確認できる上咽頭がんはEBウイルスが、中咽頭がんはヒトパピローマウイルスが、下咽頭がんは喫煙や鉄欠乏性貧血が、それぞれ原因となります)

■喉頭とは

喉頭とは、いわゆる「喉仏」のことで食道と気道が分かれる場所にあり、
食べ物などを誤って飲み込まないための
安全装置のような役割をしている器官です。
がんができる場所によって声門がん、声門上がん、声門下がんの3つに分けられますが、
特に多いのが声門がんで、喉頭がん全体の半数以上を占めます。

■発病のピーク
60歳以上。
発症率は10万人に3人程度で圧倒的に男性が多く、
頭頚部にできるがんのうち最も罹患数が多いがんです。

■症状
・声がかすれる、声枯れ
・しゃべりづらい、違和感がある
・口があけづらい、呼吸がしにくい
・のどが痛い、食べ物がのみこみにくい
・喀血(咳をすると痰に血が混じる)
・扁桃腺がはれている
・首にしこりがある。
・くびのつけ根のリンパ節がはれている

喉頭癌の代表的な症状は、声がかすれ、喉に違和感があるなどです。
※風邪をひいた場合、声枯れは1週間程度で治ります
  長期間治らない場合は要注意です

■原因
主な危険因子はたばこと酒です。
喉頭がんの罹患者の多くが喫煙者です。
※大田区喉頭がん検診では、喫煙している方又は過去に喫煙していた方、
 身近な方が喫煙しているなどは対象外になる旨ご了承ください

検診を受けることで、日頃の悩みが解決されるかもしれません‼️
この機会に是非受診し、ご自身の健康管理にお役立てください✨

また、ご家族や周りの方で上記症状に当てはまる方がいらっしゃいましたら、
是非声をかけてみてください😉

ご来院を心よりお待ちしております🍀

PAGE TOP